会員サービス

GS1 Japanパートナー制度では、下記のサービスを会員に提供しております。

GS1 AIDC標準自己適合宣言

GS1 AIDC標準適合チェックリストに沿って、バーコード関連製品の機能を確認し、GS1標準に適合している旨を申請いただくと、当財団HPにて、製品情報を掲載します。

自己適合宣言の申請はこちら

自己適合宣言サービス リーフレット

パートナー会員ロゴマーク利用許諾

パートナー会員であることを示す、『GS1 Japanパートナー会員ロゴマーク』をパンフレットやチラシ、webページ、名刺などに利用することが可能です。

GS1 Japanパートナー会員ロゴマークとは、会員である団体(業界団体、行政機関、学術機関等)、法人、個人がGS1 およびGS1 Japan(流通システム開発センター)の活動の趣旨に賛同し、流通業界全体のシステム化・標準化を推進する、当財団のパートナーであることを表明する標章です。

※GS1 Japanパートナー会員ロゴマークとは、製品・サービスに対する認証や、個人に対する資格・認証を表すものではありません。
また、GS1 Japanパートナー会員の発言が、当財団の意見等を代弁しているわけではありません。

GS1 Japan パートナー会員 ロゴマーク(4種類)

GS1 Japanロゴマーク(4種類)

お申込み・利用条件はこちら

GS1 およびGS1は、GS1, association International sans but lucratif, の国際商標です。
(国際登録番号:0850908)

製品検索

GS1 Japan(流通システム開発センター)のwebページ上に、GS1 Japan パートナー会員の企業紹介や製品紹介を掲載することが可能です。

お申込みはこちら

各種イベント

定例セミナー(年4回)/特別セミナー(年1~2回)/見学会(年1~2回)

セミナーでは、流通システムの導入事例や、国際/国内の標準化の動向、最新システムの技術的な解説などのテーマで、流通業界におけるキーパーソンや専門家よりご講演をいただきます。また、見学会では国内外の流通に関わる施設(小売業や卸売業の物流センターやメーカーの製造工場など)の訪問し、現場の様子を見学します。

イベント・セミナーはこちら

「電子タグ(EPC/RFID)入門講座」の共同開催(年1~2回)

GS1 Japan パートナー会員の皆様を対象に、「電子タグ(EPC/RFID)入門講座」の共同開催にご協力いただける企業を募集します。講座開催後、貴社RFID関連サービスを参加者の皆様へご紹介いただく時間を設けます。是非、アピールの場としてご活用ください!

2024年度分のお申込み受付は終了しました。
翌年度以降につきましては改めてご案内いたします。

広告掲載

当財団が発行する機関誌『GS1 Japan Review』や広報誌『GS1 Japan News』に割引価格で広告を掲載することが可能です。

お申込み・利用条件はこちら

『GS1標準対応バーコード・EPC/RFID機器 製造・販売会社リスト』

本リストはGS1 標準対応のバーコード関連機器を、また2018年からEPC/RFID (電子タグ) の4カテゴリーを追加した内容で、ご希望いただいた会員様の情報を掲載しております。

お申込み・詳細はこちら

リテールテック出展

流通システムに関する国内最大の展示会であるリテールテック(主催:日本経済新聞社)上において、当財団ブース内に有償で出展することが可能です。また、流通BMSソリューションゾーンへ割引価格で出展できます。

資料配布

下記の資料を無料でご提供します。

  • GS1 Japan Review(年2回)
  • GS1 Japan News(年6回:電子版)
  • 流通情報システム化の動向(年1回)
  • 流通関係資料(B7版)(年1回)
  • EPCglobal承認済み標準仕様日本語訳
  • その他パンフレットやガイドライン など