GS1 Japan Data Bank(GJDB)
-商品情報-

GS1 Japan Data Bank(略称 GJDB )は、「国内の中小規模のブランドオーナーにおける、GTINの設定や管理の負担軽減」を主な目的として、当財団が2019年10月より開始したサービスです。
GJDBは、GS1事業者コードを貸与された事業者である商品メーカー(ブランドオーナー)が、GJDBに商品の情報を登録することで、「GTIN(JANコード)の設定」、「GTINの管理」、「バーコード画像の生成/ダウンロード」が簡単にできます。さらに、登録された商品の情報は当財団に関連する国内外のデータベースにシームレスに公開されます。

図:GS1 Japan Data Bankのフロー

GS1 Japan Data Bankに関するお問い合わせ先

GS1 Japan(一般財団法人 流通システム開発センター) GJDB担当
https://www.gs1jp.org/database_service/gjdb/contact.html