イメージ画像:GS1事業者コード

GS1事業者コード

GS1事業者コードとは、国際的な流通標準化機関であるGS1が定めた、
JANコード、GLNなどの国際標準の識別コードを設定するために必要となるコードです。

GS1事業者コードの登録申請はこちらから

イメージ画像:GS1ヘルスケアジャパン協議会

GS1ヘルスケアジャパン協議会

医薬品、医療機器などに表示されたGS1標準のバーコードを利用することで、
医療安全(患者安全)の向上、医療従事者の負担軽減、
過剰な医療機器の判別とコスト削減など様々な効果が得られます。

GS1ヘルスケアジャパン協議会について

イメージ画像:GTIN  商品識別コード

GTIN 商品識別コード

GTINとはGlobal Trade Item Numberの略で、現在国際的に
広く使われている各種の商品に関する国際標準の識別コード
を包括した総称です。

GTINについて詳しく見る

イメージ画像:電子タグ(EPC/RFID)

電子タグ(EPC/RFID)

電子タグは、無線電波を利用してICチップの中のデータを読み書きするもので、
「モノ」の識別に使われます。
離れたところから一括読み取りできるという特徴を活かし、
様々な業種・業界で活用されています。

電子タグについて詳しく見る

イメージ画像:流通BMS (流通EDI標準)

流通BMS® (流通EDI標準)

消費財流通業界で唯一の標準となることを目標に策定している、
メッセージ(電子取引文書)と通信プロトコル/セキュリティに関するEDI標準仕様です。

流通BMSについて詳しく見る

イメージ画像:GS1 Japan パートナー会員制度

GS1 Japan パートナー会員制度

当財団における会員制度です。
各種会員組織[EPCglobal会員、流通情報システム研究会(シス研)会員、
センター会員、流通BMS支援会員]を統合しました。

GS1 Japan パートナー会員制度について

重要なお知らせ

  • 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
    誠に勝手ながら、当財団では下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。
    【休業期間: 2022年12月29日(木)~ 2023年1月3日(火)】
    「ホームページからのお問い合わせ」につきましては、2023年1月4日(水)以降、
    順次回答をさせていただきます。
    
    また、下記の期間でシステムメンテナンスを実施いたします。
    【システムメンテナンス期間:2022年12月28日(水)午後3時 ~ 2023年1月4日(水)午前10時】
    システムメンテナンス期間中は「GS1事業者コードに関するインターネット申請」をご利用になれません。
    サービスの再開は、2023年1月4日(火)午前10時からを予定しております。
    
    大変ご不便をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
    
    
    

各種コード登録・概要

当財団は下記のコードを管理しています。

お知らせ

もっとみる

GS1 Japan パートナー会員制度

2015年4月より、当財団におけるソリューションプロバイダーなどを中心とした各種会員 組織[EPCglobal会員、流通情報システム研究会(シス研)会員、センター会員、流通BMS支援会員]を統合し、新たな会員制度として"GS1 Japan パートナー会員制度"を発足いたしました。

GS1 Japan パートナー会員制度についてはこちら