POSレジを通す商品における
GS1二次元シンボルの活用

JANシンボルは、POSレジでの商品の精算を中心に流通に関わる様々な場面で利用されています。一方で、複雑化するビジネスのニーズに対応するため、POSレジを通す商品に対しGTINに加えて賞味期限やロット番号等の属性情報も表現可能なGS1二次元シンボルを表示し、活用する取り組みが進められています。

図:POSレジを通す商品におけるGS1二次元シンボルの活用

POSレジを通す商品に属性情報を含むGS1二次元シンボルを表示し活用することで、次のような効果が期待されます。

国内外での活用事例

GS1本部は2027年末を野心的な目標(Ambition Date)と定め、POSレジでGS1二次元シンボルを読取可能な環境整備の推進に取り組んでいます。ただしこの取り組みにより、JANシンボルの表示や利用が停止されてしまうわけではありません。引き続きJANシンボルを使用することができます。

データフォーマットと
利用可能なGS1二次元シンボルの種類

  • POSレジを通す商品に表示するGS1二次元シンボルのデータフォーマットには下記の2種類があります。2種類のシンタックスについての詳細はこちらをご覧ください。

    GS1 element stringシンタックス :AI(GS1アプリケーション識別子)を使って情報を表現する従来の方式
    GS1 Digital Link URIシンタックス :AIを使って表現した情報をウェブで用いられるURL形式で表現する方式

  • 利用可能なGS1二次元シンボルの種類はシンタックスごとに異なり、GS1 element stringシンタックスの場合はGS1データマトリックスが標準シンボルです。一方、GS1 Digital Link URIシンタックスの場合はQRコードが推奨シンボル、データマトリックスが利用可能シンボルです。
  • 消費者への情報提供を目的とする場合は、スマートフォン等のモバイル端末でも読み取れるGS1 Digital Link URIシンタックスのQRコードを第一選択として検討します。
図:POSレジを通す商品におけるGS1二次元シンボルの活用の効果

※1 GS1 QRコードはPOSレジでの利用は想定されていませんが、物流用の段ボールケース等には引き続き利用可能です。

複数のシンボルを表示する際のルール

GTIN設定ルール

JAN シンボルと GS1 二次元シンボルの両方に、
必ず同じ GTIN をエンコードします。

図:POSレジを通す商品におけるGS1二次元シンボルの活用

JANシンボルとGS1二次元シンボルの表示位置

分類 2つのシンボルの用途が同じ場合 2つのシンボルの用途が異なる場合
両方ともPOSレジでの商品の精算に使用 JANシンボルをPOSレジでの商品の精算に使用し、GS1二次元シンボルを消費者への情報提供に使用
ルール クワイエットゾーン※2を確保しながらJANシンボルの中心から50mm以内にGS1二次元シンボルを隣接させて表示(隣接が難しい場合も、なるべく近付ける) それぞれのシンボルを離して表示
図:2つのシンボルの用途が同じ場合 図:2つのシンボルの用途が異なる場合

※2 バーコードの始まりと終わりを検出するための白地の部分。一次元シンボルの場合は左右の両端、二次元シンボルの場合は外周に設ける。

HRI(目視可能文字)※3のルール

HRI(目視可能文字)に関するルールは、次の通りです。

  • POSレジでの精算にGS1二次元シンボルを使用する場合、少なくともGTINのHRIをGS1二次元シンボルに隣接させて表示します。その際、(01)の後に14桁でGTINを表します。ただし、JANシンボルとGS1二次元シンボルを近接させて表示している場合、GTINのHRI表示はJANシンボルのみで構いません。

    図:HRI(目視可能文字)※3のルール

  • 消費者への情報提供を目的にGS1 Digital Link URIシンタックスでデータをエンコードしたGS1二次元シンボルを使用する場合、HRI表示はブランドオーナーの裁量に委ねられています。

※3 Human Readable Interpretationの略で、バーコードにエンコードされたデータを人の目で読める数字や文字で表現したもの。

FAQ

POSレジを通す商品におけるGS1二次元シンボルの活用について、よくある質問と回答

参考資料

お問合せ先

ソリューション第1部 グロサリー業界グループ
電子メール:aidc@gs1jp.org