物流で使える!GS1識別コード

複数の企業が連携してモノを運ぶ物流においても、GS1標準を使うことで輸送に関するデータを効率的にやり取りすることができます。物流標準化や業務効率化、輸送の可視化に、ぜひGS1標準をご活用ください。

物流でGS1識別コードを使うメリット

■ サプライチェーン全体で活用できる

メーカーから小売まで物流全体で一貫したモノの識別が実現可能。
モノの追跡、トレーサビリティにも。

■ 取引先との個別調整が不要

世界中で重複なく使えるので、各取引先との個別調整が不要。
企業ごとのコード変換やバーコードの付け替え等も不要。
(コスト抑制効果も期待できる)

物流分野で活用が期待されるGS1識別コード

図:物流分野で活用が期待されるGS1識別コード

1. 商品の識別コード:GTIN

GTINの詳細はこちら

2. 輸送する荷物の識別コード:SSCC

SSCCの詳細はこちら

3. 企業や場所の識別コード:GLN

GLNの詳細はこちら

4. 物流関連資産の識別コード:GRAI、GIAI

■ GRAI:パレットなどの物流資材

GRAIの詳細はこちら

■ GIAI:運搬車両やコンテナ

GIAIの詳細はこちら

参考資料

■ 物流で使えるGS1識別コード リーフレット

物流に活用できるGS1識別コードをまとめたリーフレットです。
こちらから、ダウンロードできます 。

写真:物流で使えるGS1識別コード リーフレット

■ GS1 Identification Keys in Transport & Logistics Guideline 参考日本語訳

GS1本部が提供しているGS1 Identification Keys in Transport & Logistics Guidelineの日本語訳です。こちらからダウンロードできます。

注意事項

  • 不特定多数の方がアクセスできるWebサイトへの掲載など、二次配布はご遠慮ください。
  • 日本語版は参考訳であり、内容は常に英文が優先されます。
写真:GS1 Identification Keys in Transport & Logistics Guideline 参考日本語訳

お問い合わせ先

ソリューション第1部 ソリューション第2部
電子メール:aidc@gs1jp.org